近視の視力回復・研究室

近視の視力回復方法や、近視回復トレーニングについて解説しています。

サイトトップ > 立体視の視力回復法〜マジカルアイと平行法、交差法

立体視の視力回復法〜マジカルアイと平行法、交差法

立体視の視力回復法が、けっこう人気があります。

本屋に行くと、書棚に何種類かのマジカルアイ関連の視力回復の本が並んでいるのを見かけます。大き目の本も出版されているので、視野を広く取りながら、立体視の視力回復トレーニングを行なうことができます。

立体視の視力回復ができるマジカルアイの本は、平行法と交差法という2種類の目の使い方で眺めます。

平行法とは遠くを見るような目の使い方で、その名の通り、目を平行にするイメージです。

交差法とは、近くを見るときに寄り目になりますが、もっと両目を内側に寄せるような感じですね。

近視の目は、長時間近くを見続けた結果、寄り目が強い場合が多いです。つまり外眼筋のなかでは内直筋が強いわけです。そのためマジカルアイの交差法を視力回復訓練したら、近視の度を強めかねません。近視の場合は、平行法をするべきでしょう。

反対に、近くが見づらい老眼や遠視は、寄り目になることが苦手な目であると推測できます。そのため、マジカルアイの交差法を視力回復訓練すればよいのです。

一度交差法や平行法が成功すると、いつでもすぐに立体視の視力回復トレーニングに入っていくことができます。マジカルアイの画像やイラスト、写真を立体視すると、幻想的で美しいイラストや風景が浮き出てきます。

立体視の視力回復法で、劇的に視力がアップすることはないでしょうが、精神的なリラックスにはなります。勉強や読書の合間に取り入れると、気分がリフレッシュできていいですよ。

やはり本格的に近視を視力回復しようとするなら、こういった視力回復グッズやピンホールメガネでは不十分です。目の筋肉を鍛えることがもっとも大切になります。

つまり目の筋肉を鍛える眼筋トレーニングをしっかりこなした上で、こういった3Dの立体視の視力回復法やピンホールメガネや、視力回復機などを補助的に利用すると、相乗効果が期待できるわけです。

効果的な視力回復法とは?一覧