近視の視力回復・研究室

近視の視力回復方法や、近視回復トレーニングについて解説しています。

サイトトップ > 視力回復めがねとは?〜ピンホールアイマスク

視力回復めがねとは?〜ピンホールアイマスク

視力回復めがねは、黒塗りの眼鏡に、いくつかの穴があいている、いわゆるピンホールメガネのことです。ピンホールアイマスクといったりもします。

視力回復めがねには、賛否両論あり、近視の視力回復に絶大な効果があると主張する人もいれば、まったく効果なしと主張する人もいます。

視力回復めがねを装用すると、近視用のメガネをかけなくても、遠くがはっきり見えます。一説には、このメガネで見える視力が、その人が視力回復トレーニングを持続していって最終的に行き着く視力であるといわれています。

視力回復めがねを着用して、遠くが見えるのは、ピンホール現象といわれています。これは目を細めると、遠くの景色や黒板の文字がよく見えることと同様の原理です。

小さな穴を通して、光を絞ると、水晶体を通過する光が収束します。目のレンズである水晶体は両凸レンズであり、カーブを描いています。そのため水晶体の中央部を通る光と、周辺部を通る光というように、いろいろな場所を通過していきます。

ところが光を絞ると、水晶体の中央部しか通らないために、凸レンズの収差の影響をうけずに、つまり屈折することなく、ダイレクトに網膜まで光が届くのです。これが視力回復めがねを着用すると、遠くが見える理由です。

専門的にいうと、焦点深度が深くなる、ということです。

視力回復めがねをかけているとき、このように水晶体の屈折を必要としなくても、網膜に光がとどきます。ということは、視力回復眼鏡をかけている間中、毛様体筋の調節が休まることになります。

これが視力回復めがねをかけると、目の疲れがとれ、眼精疲労の解消に効果がある理由です。

ピンホールアイマスクとかピンホールメガネ、あるいは視力アップアイグラスという名で知られる視力回復めがね。この視力回復グッズが効果を発揮するのは、他の視力回復トレーニングと併用した場合です。

つまり目の筋肉を鍛える眼筋トレーニングをしっかり訓練した上で、視力回復めがねを掛けてテレビを見るなり、読書をすれば、相乗効果となって、近視の視力回復が加速されるということです。

このように活用すれば、急激な視力低下で悩んでいる子供や社会人にとって、とても有意義な視力回復の器具となることでしょう。

効果的な視力回復法とは?一覧