近視の視力回復・研究室

近視の視力回復方法や、近視回復トレーニングについて解説しています。

サイトトップ > 仮性近視の回復法〜毛様体筋のコリを取る

仮性近視の回復法〜毛様体筋のコリを取る

仮性近視の回復法には、どのようなものがあるのでしょうか?

まず仮性近視の回復に関しては、眼科医であっても肯定しています。そのためミドリンやサンドールといった散瞳薬を処方するわけです。しかし仮性近視の点眼薬は、あまり期待しないほうがいいでしょう。あまりに長期間点眼し続けると、毛様体筋の調節ができなくなります。

仮性近視の回復法として、眼科では通電治療を行なっています。これはすべての眼科医院で実施しているわけではなくて、全国でも数えるほどです。

それは眼科医は近視の視力回復に対して、否定的な見解をもっているためです。眼科の通電療法は、仮性近視だけではなく、屈折性近視にも有効なのです。

そのほかに仮性近視を回復させるとしたら、民間療法としての近視の視力回復トレーニングということになります。

本屋には、3Dのマジカルアイなどの視力回復の本が販売されていますし、ピンホールアイマスクといった視力回復グッズも売られています。超音波治療器ソニマックも仮性近視の回復に有効です。そのほか、いろいろな種類の視力回復機があります。

ニンテンドーDSの「眼力トレーニング」とか「目で右脳を鍛える」といった視力回復ソフトでも、いい結果が得られるでしょう。

仮性近視の回復法のなかで、自宅で無料でできる視力回復トレーニングとして、遠近体操法があります。これは近くと遠くを交互に見比べる目の訓練です。こうすることによって、毛様体筋のトレーニングになり、目の血行がよくなります。

そのほか仮性近視の回復法として、眼筋トレーニングがあります。目を速く動かすことによって、外眼筋を再訓練するのです。

子供の仮性近視は、すぐに視力アップします。
子供の視力低下は急激に進行する反面、視力改善もまた速いものです。視力検査で視力0.9とか視力0.8といわれたときが大事です。本物の近視に進行する前に、仮性近視で回復させることが重要といえます。

効果的な視力回復法とは?一覧