近視の視力回復・研究室

近視の視力回復方法や、近視回復トレーニングについて解説しています。

サイトトップ > 運転免許更新と視力について〜0.7が必要

運転免許更新と視力について〜0.7が必要

運転免許更新と視力について解説します。

運転免許証の更新時の視力検査が来るたびに、不安に駆られる人も多いのではないでしょうか?普段は視力0.7以下の低い視力で、なんとかうまく乗り切っている人はこの時期に悩みだします。

運転免許更新は視力0.7以上が必要です。これは両目での視力です。片目ではそれぞれ視力0.3以上が必要です。この3条件をパスしなければなりません。

運転免許更新の視力検査にパスして通過するために、メガネレンズを買い換えなければならなかったり、コンタクトレンズの度を上げなければならなかったりします。

運転免許更新の視力検査は、いわゆる静止視力というものを測定します。これは網膜の中心部でみた、静止したものを読み取る訓練です。学校の視力検診や眼科に行くと必ず行なう視力検査と同じものです。ランドルト環の向きを答える方式です。

しかし車の運転は、車が動いていますし、周囲の風景も動きます。すべて動きのなかの視力、つまり動体視力が大切です。そのため動体視力の検査こそ、取り入れるべきだと思うのですが・・・。

動体視力は、静止視力よりも視力が低下します。
そのため視力が0.7の人の動体視力は視力0.3くらいに低下します。また夜間視力も低下します。ある程度の静止視力、矯正視力、裸眼視力が必要なわけですね。

運転免許更新の視力検査では、静止視力のほかに深視力という能力も測定します。これは、いわゆる立体感・遠近感のことです。3本の棒のうち、まん中の棒だけが移動し、3本そろったところでボタンを押すという簡単な訓練です。

しかし、斜視の人や両眼視機能が不十分な人は、遠近感をつかむのが困難な場合があります。やはり車間距離とか、対象までの距離、歩行者との距離を把握するために、深視力は重要です。

深視力はスポーツビジョンの世界では、8種類ある目の視機能のうちのひとつに数えられています。幼少時の目の使い方で、その能力はほぼ決まります。目の両眼視機能は、6歳ごろに完成するといわれています。

運転免許更新で視力低下をなんとかしようと、悩んでいる人がいるかもしれません。でも、一時的に視力をUPさせることは可能です。たとえば目をギュッと5回ほどつぶってみましょう。これだけでも、目のなかに大量の血液が流れ込んできて、一時的に視界がクリアになります。

そのほか遠くの一点と目から20センチほどはなした人差し指を、交互に見比べる遠近体操法を行なうのでもいいでしょう。こうすると水晶体を薄くできるようになり、遠くがよく見えるのです。

運転免許更新の視力検査の日の1週間前から行なってもいいし、当日、運転免許証更新の視力検査直前に行なってもいいでしょう。

そのほか眼球をすばやく動かす眼筋トレーニングでも、一時的な視力アップは可能です。ある一点から別の一点へと高速で移動させるのです。数秒でもいいです。こうすると目の血行が一気によくなり、水晶体を薄くできるようになり、遠くが見えるようになるのです。

近視の原理と基本一覧