近視の視力回復・研究室

近視の視力回復方法や、近視回復トレーニングについて解説しています。

サイトトップ > 子どもの視力について〜視力低下が急激に進行

子どもの視力について〜視力低下が急激に進行

子どもの視力は、まだ発達途上にあります。

小学校に入学する6歳あたりで、子どもの視力はようやく一人前になります。両眼視機能が完成し、遠近感や立体感が成熟するのです。

それまでは遠視の状態が続いており、徐々に眼球が長くなって、近視化の方向へとたどっていくわけです。もともと遠視が強い幼児は、近視になりづらいですが、遠視の度合いが弱い子どもの視力は、近視化の過程で、近視に足を踏み入れてしまいがちです。

かといって遠視であっても、弱視を引きおこす危険があるので、要注意です。子どもの視力が遠視である場合、遠くも近くもよく見えていないので、視力の発達が妨げられることに。そうなるとメガネなどを着用して視力を矯正しても、視力1.0以上が出なくなったりします。つまり弱視です。

子どもの視力が遠視であって、不同視である場合、事態は深刻です。片目ばかり使って、もう片方の目はほとんど使用しないため、視力の発達が止まってしまうのです。

その点、両目が同じ程度遠視である「屈折性弱視」であるほうが、子どもの視力は回復しやすいものです。

子どもの視力が屈折性弱視である場合、10歳までに遠視用眼鏡をかければ、視力は改善していきます。

子どもの視力低下のスピードは、大人の3倍以上であるといわれています。学校の春の視力検査(学校検眼)での検眼通知書でB評価つまり視力0.7〜視力0.9であっても、半年後には、C評価はもちろん、D評価になることも珍しくありません。

子どもの視力は、仮性近視を経て、すぐに本物の近視である真性近視へと進行していきます。そうなると角膜や眼球が変形して、視力を戻しづらくなるので、早期発見がポイントです。

このことは裏をかえせば、子どもの視力は回復するのも速いということです。小学生や中学生のうちは、いくらでも近視の視力回復トレーニングによって、目がよくなるものなのです。

近視の原理と基本一覧