近視の視力回復・研究室

近視の視力回復方法や、近視回復トレーニングについて解説しています。

サイトトップ > 近視の原理と基本

近視の原理と基本

近視の原理や、知っておいたほうがよい基礎知識を解説しています。

近視とは、いうまでもなく、近くはよく見えるものの、遠くがぼやける屈折異常の一種です。少々おおざっぱですが、これはだれでももっているイメージでしょう。

近視の目は、水晶体の屈折力が強い、あるいは眼軸が伸びているために、近くを見るときに、毛様体筋をさほど緊張させる必要がありません。軽く収縮させるだけで、近くのものにピントが合うのです。そのため近視の目は、オフィスワークによる眼精疲労を起こしづらいといえます。老眼の影響も受けないわけです。

この点、老眼や乱視、遠視があると、目の疲れが大きくなります。近視は、不便なことばかりではなく、役立つこともあるわけですね。

近視とは、近くを見続けるという環境に適応した結果と考えられます。近年の近視人口の増加も、その背景にはパソコンやゲーム機の普及があるわけです。近くを見て目を酷使すれば、近眼になる。これは近視の原理・原則です。

近くを見ることが近視を引きおこす原因になるのは、毛様体筋が緊張するからです。これが仮性近視の始まりです。

そのほか近くを見て目を酷使していると、眼球の運動不足により、外眼筋が弱ってきます。これにより眼球が楕円状に伸びてくるわけですね。外眼筋が眼球をしっかりとおさえないために、眼圧がまさってしまい、伸びるとも考えられます。

そのほか近くを見ていると、視野が狭くなりがちです。
速読法では視野を広く取り、目を激しく動かすので、視力低下が急激に進行することはありません。むしろ視力回復することができます。

仮性近視を放置していると、子供の場合、視力低下は急激に進んでいきます。あっという間に真性近視になるものです。

真性近視は、眼球の変形なので、近視の視力回復トレーニングをしても、すぐには視力がアップしないかもしれません。そのため、視力の改善のためには、持続が大切になってきます。

まずは最初の視力アップの瞬間を体験し、実感することです。すると、それがモチベーションを維持し、ずっと視力回復訓練を持続していく力になります。

近視の眼球とは?〜進行すると楕円状に伸びる

近視の眼球は、初期のうちは正視と変わりません。つまり仮性近視のうちは、目の内部にある毛様体筋が緊張してこり固まっているだけです。そして仮性近視は、近視ではなく、

近視の眼球とは?〜進行すると楕円状に伸びる

子どもの視力について〜視力低下が急激に進行

子どもの視力は、まだ発達途上にあります。小学校に入学する6歳あたりで、子どもの視力はようやく一人前になります。両眼視機能が完成し、遠近感や立体感が成熟するのです

子どもの視力について〜視力低下が急激に進行

運転免許更新と視力について〜0.7が必要

運転免許更新と視力について解説します。運転免許証の更新時の視力検査が来るたびに、不安に駆られる人も多いのではないでしょうか?普段は視力0.7以下の低い視力で、な

運転免許更新と視力について〜0.7が必要

左右の視力が異なる不同視〜がちゃ目の危険性

左右の視力は、たいてい微妙に違っているものです。それはひとそれぞれ、利き目というものがあり、そちらのほうを特によく使用するためです。左右の視力のどちらが利き目か

左右の視力が異なる不同視〜がちゃ目の危険性