近視の視力回復・研究室

近視の視力回復方法や、近視回復トレーニングについて解説しています。

近視の視力回復法を解説するサイト

「近視の視力回復・研究室」へようこそ!

当サイトでは、近視・近眼の視力を回復させるトレーニング法や秘訣、豆知識を解説しています。

近視にもいくつかの種類があり、ほとんどの人は軸性近視であるといわれています。

仮性近視という症状がありますが、これは真性近視の手前の状態で、近視を視力回復するチャンスのときです。

小学生の子供の近視は、この仮性近視の段階で治すことが視力低下を予防するポイントです。もし仮性近視で視力回復できなければ、子供の視力は急激に視力低下していきます。

近視は、仮性近視をすぎると本物の近視に突入していきます。これを真性近視といいます。真性近視は、屈折性近視から軸性近視へと進行していきます。

軸性近視は近視の最終段階で、眼球(眼軸)がラグビーボールのように伸びてしまった状態。このため、いくら水晶体を薄くしても、網膜の手前で焦点を結んでしまいます。

軸性近視の視力回復は、かなり困難であるといわれています。しかし不可能ではありません。軸性近視を視力回復するには、毛様体筋のトレーニングではなく、眼筋トレーニングが必要です。

眼筋トレーニングとは、目を高速で動かすことによって外眼筋を鍛える訓練のことです。この元になる視力回復理論をベイツス理論といいます。

近視の視力回復は、考えようによっては、簡単です。伸びた眼軸をもどせばいいのですから・・・。そのための有効な視力回復トレーニングが眼筋トレーニングといえます。

当サイトがみなさまの視力低下した目を視力回復へと引き上げることができれば、幸いです。

>> あなたの視力低下をストップさせ、視力を回復させる方法はこちら
子供用の視力回復教材はこちら

視力矯正 近視改善法 目の運動法と訓練 視力のアップとトレーニングの方法 視力0.2からの回復

近視の視力回復のコンテンツ